注射で対応する糖尿病とは?

糖尿病による注射は、インスリンが分泌されない1型糖尿病に有効です。
インスリンは、膵臓から出るホルモンで、細胞に糖分が入る、すなわち血糖値を下げる働きがあります。
血糖値が下がるということは、血中の糖分が減るということです。
このように、インスリンは私たちの体にとって重要なホルモンであるといっても過言ではありません。

しかし、一型糖尿病の患者は、インスリンが分泌されない、すなわち血糖値が下がらないために血液中には糖分が残ってしまいます。
そこで今日全ての糖尿病患者が使っているのはインスリン注射です。
注射というと痛いというイメージが強いと思います。
しかし、現代の注射は痛くないように針が細くなったり、短くなったりと、少しでも苦痛を和らげるような工夫がなされています。

注射をすることで注意しなければならないことがあります。
それは低血糖です。
動悸や異常な空腹感に襲わるなどの症状が出ます。
糖尿病なのに低血糖なのかと思う人もいるかもしれません。
しかし薬剤が効きすぎてしまうことがあるので起こる可能性は少なくはないのです。
主に対処法としては低血糖の症状が出たと思ったら、すぐに糖分を摂ることでバランスをとることです。
基本的にはジュースやおかゆが有効的とされています。
注射をすることはそれだけ危険なことなので注意するべきだということです。
また、こちらのhttp://xn--cckway3f5c6el3e1764j.osaka.jpにはアラキドン酸サプリメントの健康効果について書かれているので合わせてご覧ください。