栄養士さんの指導が重要な糖尿病

栄養士の食事指導はどの栄養士も一貫して同じことを述べています。
それはバランスよく栄養を摂るということです。
糖尿病になると、神経や腎臓などさまざまな臓器に影響をもたらすために、食事のバランスを考えないと、日常生活にも影響が出てしまいます。

お酒が好きであれば、お酒はインスリンの働きを抑えてしまうこともあり、やめることを勧められて辛い気持ちになるという可能性もあります。
栄養士は、基本的に栄養は多すぎず少なすぎない、いわば適量のレシピを立てています。
血糖値は食べ物を分解して生成するもので、例えばエネルギー源となるご飯を食べることで血糖値は上昇します。

しかし糖尿病だからと言って糖分を摂らないでいると日常生活に影響をきたします。
よって、決められた量を決められただけ摂取するという意気込みが大事になるのです。
ある栄養を摂りすぎると、それにより障害がでるのは、医薬品に対しても同じことです。

医薬品とは使い方を間違えると毒になってしまう危険なものです。
しかし適切な量を服用することで効果を発揮するので医薬品として今まで使われてきました。
以上のことから、血糖コントロールができる患者は、糖尿病と上手く付き合えるということを念頭に置いておくべきです。