糖尿病の人の環境を第一に考えた食事

糖尿病を患っている人にとって、食事はすべてにおける基本になります。
糖尿病にはⅠ型糖尿病とⅡ型糖尿病の二種類があり、特にⅡ型糖尿病は患者の95%を占めていて、深刻な問題となっています。
主な原因は、Ⅱ型はほとんど食生活や生活習慣の乱れからきています。
暴飲暴食することや運動不足が一生治らない病気になってしまったということを反省しつつ、次のことに注意する必要があります。

それは、自分はどれくらいエネルギーを摂取すればいいかということです。
それは人によって違い、労働形態や体重などで細かく計算することで求められます。
その計算結果を元に、野菜やたんぱく質や果物などを全てバランスよく摂取していく必要があります。
食べ方にも注意してください。

特に食物繊維を多く含み、血糖値が上がりにくいキノコや野菜を先に食べることで、血糖値のコントロールが可能です。
また、早食いを防ぐだけでも満腹中枢が働くことでたくさん食べることを防ぐことができます。
さらに、就寝3時間に食事しない習慣を身に着けたり、外食時にはカロリーの高いものは残したりする対策も重要です。
食事をコントロールする目的は、インスリンがいかに効率よく働いてくれるかを左右する大切なことです。
怠ることのないように周りから支えられることも必要です。