初期から末期の状態が存在している糖尿病

糖尿病は症状に気づきにくいのでほぼ健康診断判明することがほとんどですが、典型的な症状を列挙していきます。
まず、初期症状はなんといっても喉が渇くことです。
喉が渇くのはインスリンが働かないために血液中に糖分がとどまったままのため、排泄するために尿が大量に作られるためです。
そして頻尿です。
糖分を排泄するためにここまでつながっています。

また、目がかすんだり、急に視力が落ちたりするのは、糖尿病が網膜に影響を与えるためです。
体がだるくなることがあります。
それは細胞にブドウ糖が取り込まれないためにエネルギー不足になっているからです。
末期になると、神経や腎臓はボロボロです。
足の壊疽が生じたりすることもあります。
自律神経がボロボロになると、性欲がなくなり、尿をもらしやすくなり、眠くなりという日常生活にかなり支障が出てしまいます。
つまり、自律神経はあらゆる臓器を支配しているため、苦労することになります。

また、糖分が取り込まれないために筋肉や脂肪がエネルギーとして使われるために減少し、しまいには体重が減少します。
さらには免疫機能が低下し、風邪をひきやすくもなってしまいます。
重度になると合併症が主な症状になります。
合併症により、命の危険にさらされかねません。
低血糖も症状の一つで、これは倦怠感や眠気を引き起こし、重症化すると昏睡状態に陥り、対応が遅れると脳の麻痺がおこってしまいます。