糖尿病が引き起こす合併症の詳細

糖尿病の主な合併症は深刻で、糖尿病が発症してから10年ほどで発症するケースがほとんどで、気づいたころには遅いということにもなりかねません。
合併症の合併症状には神経障害、網膜症、腎障害が3大合併症と呼ばれています。
神経障害はいろいろな種類があり、はじめはしびれなどよくある症状から始まり、それからは慢性的な痛みになり、それにより知覚が鈍り最悪の場合壊死することもあります。

または自律神経にも影響し、自律神経に拮抗的に支配されている臓器にも影響をもたらします。
よって男性では勃起不全が代表的で、男性女性ともに共通して胃もたれなどがあげられます。
網膜症では目がかすんだりすることが初期症状で、次第に目の奥部分の眼底に出血を生じ、最悪の場合失明してしまう危険性があります。

また腎症は腎臓にある糸球体という部分が悪くなり、アルブミンというたんぱく質が尿に混じって蛋白尿として検出されるようになります。
最初は出たり出なかったりを繰り返しますが、次第に回数も増えて相当量のアルブミンが排出されるようになります。
ひどくなるとネフローゼ症候群になり、体全体に支障が出てきてしまいます。
糖尿病は体全体に及び、さらには膵臓ガンなどにも関係しかねない病気でもあります。