糖尿病で1型の特徴

糖尿病にはⅠ型糖尿病とⅡ型糖尿病の2種類あって、それぞれ症状は微妙に異なっています。
今回はⅠ型とⅡ型を比較しつつ、Ⅰ型糖尿病の説明をしていきます。
Ⅰ型糖尿病は患者の生活習慣が悪いなどという原因ではなく、膵臓のランゲルハンス島という場所のβ細胞という部分が自己免疫性疾患などの原因で壊され、ここからのインスリンの分泌がほぼなくなってしまうことによる糖尿病です。

このⅠ型は、全体の糖尿病患者の約5%で、比較的急激に症状があらわれます。
食生活に気を使うことなどはもちろん、インスリンを注射により取り込まなければならなりません。
この注射をしないと命に関わってしまう場合もあるからです。
その理由は、通常インスリンによりブドウ糖がエネルギーに使われるのですが、ブドウ糖が使われないときは脂肪をエネルギーとして使います。

しかし、脂肪をエネルギーとして使うと酸性物質が作られるという体の仕組みがあるため、この酸性物質が体中に増えてしまうと体の機能が衰え、最悪の場合昏睡状態になってしまいます。
この症状はⅠ型糖尿病にのみ起きやすい病気です。
Ⅱ型糖尿病にはあまり起きない症状です。
以上のことより、少数派のⅠ型はさらに気を使わなければなりません。
インスリンのみが血糖値を落とすホルモンとなるために、このホルモンが分泌されないと大変なことになってしまうので、注射は怠らないような指導をする必要があります。