薬の効果で糖尿病を対応

糖尿病の薬はいろいろな種類がありますが、こんなに多く薬があってなにがいいのだろうということを感じる人も多いと思います。
糖尿病の薬は、効く部位が違うのと、今まであった薬と違う利点があるからこそ創薬されているのです。
例えば、膵臓に効くか小腸に効くか、または副作用の数などです。

つまり、患者の状況に合わせて薬の処方がされているのです。
主な薬の分類としては、食後の血糖値を抑えるのであればαグルコシターゼ阻害薬、インスリンの分泌を促進するのであればスルフォニル尿素薬やグリニド薬など、インスリン抵抗性を改善するのであればインスリン抵抗改善薬といった薬があります。
それぞれの薬にも数種類あり、今では多数の治療薬が開発されています。

また、αグルコシターゼ阻害薬は軽い糖尿病の患者に使われ、小腸で糖分が吸収されるのを阻害します。
インスリン抵抗性改善薬は、せっかくインスリンが分泌されているのにインスリン受容体に結合しないからという理由で作用しない場合に使われます。
スルフォニル尿素薬やグリニド薬は、インスリンが少ない人向けに使われます。
現在の最新の薬には、糖尿病の症状である尿に糖が混じるという症状を逆手にとって、血糖値が上がる前に尿に排出させてしまう効果を持った新薬も開発されていて、今後どのような治療薬が開発されるのかが楽しみです。