糖尿病の人でも美味しく食べれるレシピについて

全ての人には食事を楽しむ権利があります。
しかし、持病を持っていて食べられないものも出てくるかもしれません。
糖尿病の患者は、血糖値が上がりやすいものや、肥満につながるものを食べてはいけないので、それを避けることでおいしく楽しむことができます。

例えば、サラダ油よりオリーブオイル、塩よりこしょう、角砂糖より甘味料といったようにアレンジして血糖値を上げないように、原料を変えることで食事をまた楽しむこともできます。
さらに、咀嚼回数を増やすためにご飯を固めに炊いたり、堅い豆を混ぜたりすると、かむ数も多くなるので食べる量は少なくなるためおすすめです。
このように、料理手段も一工夫することも一つの手段です。
糖尿病患者向けの料理でよく使うといい食料は、まずは野菜です。
野菜は食物繊維がたくさんふくまれているので、血糖値の上昇をゆるやかにすることができます。
また噛み砕くためにはたくさんかむことも必要なので、一石二鳥といえます。

次に魚です。
魚は食肉よりも脂質の量が少なく、さらに魚にはドコサヘキサエン酸などの良質な脂質が含まれているからです。
脂質でも、良い脂質と悪い脂質があるのでその件についても調べることも必要となります。
米の中ではなんといっても玄米です。
噛む数が増えることはもちろん、血糖値の上昇も抑えられます。